自費診療と保険診療

歯科診療には、自費診療(自由診療)と保険診療があります。当院における考え方をご紹介いたします。

保険で安くいい治療!?

当院では父の代から30年以上、患者さんに費用がいかに安く、
いい医療が提供できるかと考えながら診療してまいりました。ほぼ100%保険診療です。

私も以前は保険診療でいい治療をと考えていました。

ところが、ある先生と知り合い、「本当に患者さんのために保険診療していますか?」と聞かれました。実際自分自身、家族には保険診療はしていません。なぜか?その人にとって保険診療がいいと思わないからです。
たぶん開業医のほとんどが自分、自分の家族には保険診療していないと思います。

どう違うの?

保険診療は食事でいえば、ファミリーレストランで、「できるだけ安くとりあえずお腹いっぱいなればいい」という食事で、栄養価も安心、安全も考えられていません。

それに対し自費診療はその人のニーズに合った材料、価格、方法を吟味し選択して行う診療です。
たとえば農薬がいっぱいの野菜で価格が安い中国産にするか、無農薬の国産野菜にするか選択できるのと同じことです。その際、当然価格は高くなりますが、費用が高くなるからといって、治療の選択肢をお伝えせず一方的に保険診療を行ってしまうのも
患者様にとって不利益であると考えています。

金属アレルギーについて

女性の方でネックレス、指輪など金属アレルギーがある方がよくいらっしゃいます。
口の中は保険診療では、奥歯は銀歯、前歯はプラスチックを使います。
保険の銀歯は何十年も前からパラジウムという
金属の合金しか使用できません。
はたして18金にアレルギーのある人が
パラジウムに対して大丈夫だと思いますか?

最近ではメタルフリーといって、金属を使わない治療法を選ばれる方が増えてきています。

高いんじゃないの!?

自費診療というとみなさんは、高い!と考える方が多いと思います。
それは今まで保険診療を受けると、窓口では1本銀歯を入れた時は、3,000円ぐらいで、これが自費診療だと1本が4万とか5万というと、目を丸くされます。

ところがこれも考え方で、女性が髪にパーマをかけると1万円は普通でストレートパーマだと2万円くらいします。
しかももって、3~6か月。歯は何年も持ちます。歯は自分の体の中、
しかも口の中に入れるものなのに変な節約をする。おかしくありませんか?

ちなみに当院では金属を使わないハイブリットセラミックスの歯が49,000円からです。
10年もって、1年間4,900円、月にすれば408円。部分的なつめものであれば12,800円からです。
高いですか?

口を大きく開けてカラオケ歌っても、大声で笑っても、非常にきれいです。
身体にも優しく、見た目もきれい、いかがでしょうか。

決めるのはあなたです!!

私たちの考えを押し売りするつもりはありません。もちろん、保険診療だから手を抜くようなことは一切ございません。
どの治療法を選択するにしてもその中で最善を尽くしたいと考えています。
どの方法にも利点、欠点があります。
そのために、多少の時間はかかってでも、最低限のご説明だけはさせていただきたいと考えておりますので、どうかご理解よろしくお願い致します。


つめものによる治療
  かぶせものによる治療
  入れ歯による治療

トップへ